カテゴリ: 心と身体を動かす 美的食ライフ

本日は、大阪 梅田での座学講座 クールラストでした。




ご参加くださった方に、心より感謝申し上げます!




ラストといっても3回ひとくくりなので、 来月の7月22日から新たなクール開講 !




皆様、引き続きご聴講くださるとのこと。有り難いかぎりです(^人^)




本日は、3回目の 途中からご参加希望の方も、お越しになりました。




熱心にご質問くださり、食の関心の高さがうかがえます。







私たちの身体は、「〇〇を食べたら、〇〇に良い」…という単純なことで維持できない仕組みになっています。




けれども、いかにして心と身体の状態を安泰な状態に近づけるかの鍵は、万人に共通する「不変の理」の中にあるのです ♪




それらを分かりやすく丁寧にお伝えすることが、私の務め(*^^*)




なんだ〜こんなこと?というぐらいの心がけで、健やかな毎日も…本当の美しさも… 自然から授かることができるのです。




私がお伝えしたことを 御家庭で いかに実践されたか…お伺いすることを楽しみにしています!





写真は、私のお気に入りの米油です(*^^*)


















こちらです。



サプリメントはコーティングされたものですが、このままこちらをお口に入れるとサプリメント代わりにもなります。







他の種類のオイルでは、オメガニュートリション社の有機食用亜麻仁油がダンゼンおすすめ。




私の大事な人には、必ず使ってもらうよう手渡ししています。(要冷蔵なのです。)



ちなみに、オイル=脂質を消化するための酵素「リパーゼ」は、多く生成することができません。



十分な注意を欠いた食生活を送っていると、高脂肪食によってリパーゼも無駄遣い…



亜麻仁油には、それそのものに酵素も含まれるので、体内酵素の節約にもなります。



購入されても、使わないと意味がありません。



中身を知って、どんどん実践されることを心から願っております(*^^*)♡



「心と身体を動かす  美的食ライフ」 

リビングカルチャー倶楽部の座学講座は、大阪梅田・神戸三宮ともに、次回は 年明けからの開始となります。

本日は、毎月第2金曜日にお越しくださっていた 神戸の皆様と三宮でランチをご一緒することになり、楽しみに出かけてまいりました ♪

どなたかのご紹介がなければ入れない 、予約のみ受けておられる 特別な家庭料理のお店です。












採れたてのお野菜に、さらに温かいお心が添えられているようなお料理の数々…

すっかり御馳走になり、心より感謝いたします。




皆様より、とても有り難いお言葉をいただきました。

新たに事を始められる時も … また、過去に向き合っていた物事に 再び取り組まれる時も… 日常生活においても…

常々 私がお伝えしている事を真摯に心に留めてくださり、ご自身のフィルターを通して咀嚼され、オリジナリティーある心の軸を毎日に活かしておられるとお聴きし、冥利に尽きる時間でした。

元タカラジェンヌ…という 一見華やかな経歴ではありますが、私が伝えることといえば現実的なことばかり。

そこを真剣に考え、大切に受けとめて下さる方のおかげでレクチャーが成り立っているわけですから、こんなに有り難いことはありません。

本望です。



けれど、大切なのは これからだと思っています。

「伝える喜び」をかみしめ、修練を重ねた結果に得られる 「伝わる喜び」を有り難くお受けしたとしても…

心地好い言葉に慢心せず、自己満足で終わらぬよう、お一人お一人に向き合いながら、今後も進んでいこうと感応いたしました。




ランチの直前、東京にいる娘からLINEが入りました!
「なんとも言えぬ適当ランチ(笑)」と、会社に持参したお弁当の写真です。

そこには、バランスを考えた超合理的なランチの様子が! 

おー、やるやん ♪ そうそう ♪ それもアリよね!   という内容でしたが、「立派!」「特上!」の言葉をすぐさま返信いたしました。

本人の許可が下りないため、写真をアップできないのが非常に残念です。笑

子どもたちが幼い頃から必死に伝えてきたことが、時を経て、本人たちの実践の場へと移った今、本当に伝わっていたのだ!と喜んでいます(*^^*)




生みの苦しみ…のように、物事をし始める時のエネルギーは膨大で、伝える時は全身全霊。

けれど、伝わった時の報われたような気持ちは、天からの贈り物。

今日の喜びは、私の 更なる原動力となることは間違いありません(*^^*)
















今日から、また新たに神戸教室の座学講座が始まりました。

月に一度、半年間にわたってレクチャーさせて頂くこちらの講座も、神戸教室は5クールめ、梅田教室は6クールめに入っています。



昔、宝塚歌劇団に在籍していたからといって、雄弁術を持ち合わせているわけでもありません。

巧みな弁術とはかけ離れていることを本人が一番分かっております。

けれども、誠意をもってお伝えすると、まるで熱伝導のように思いが届くような奇跡のような有り難い経験もしてまいりました。

そんな私の頭の隅にあるのは、「やさしく」 「深く」 「広く」…

難しいことをやさしく…やさしいことを深く…深いことを広く…   です。

よく言われている、深いことを面白く…とか、面白いことを真面目に…こういったことも自然に現れていくことなので、敢えて考えないようにしています。



人生の師でもある父は、独立後の経験から、折に触れてアドバイスを与えてくれました。

誕生日や記念日、ホワイトデーにいたるまで、常に手紙を贈ってくれましたが、必ず3枚目あたりに講演をする時のアドバイスを添えてくれていたのです。

それも、私が仕事を始めるよりも前からです。



つい先日も、導かれるように父の書斎に行くと、目の前に黄色いメモ書きが置いてあります!

まるで、今の私に必要なことをスッと差し出してくれたかのように目にとまるなんて…

とても驚きました。



























手紙と共に、このメモ書きは、父が私に伝えたいメッセージなのだと捉えています。

まさに宝物です。



専門家ならではの、大きな大きな本もありました(^^)



























ノーマン・ロックウェルの画集には、ジョン・F・ケネディの肖像まで描かれていますし、佐伯祐三の画集は、限定500部の内の20号。



一人で声を弾ませていました。



大切なことを やさしく、深く、広くお伝えするには、本物の芸術にも触れて感性を磨き養うことも大事だよ…横で私の肩を抱きながら囁いてくれているよう。

優しくて深い愛情、広い心…は、父からの大いなるプレゼント。



心の栄養を補給したい気持ちは高まる一方です(*^^*)




ちなみに、座学講座…
梅田教室は、今月27日から
神戸教室は、4月10日から   の途中募集もしております。

食事・運動・休養…さまざまな角度から、生活の質の向上を目指します。



お問い合せはこちらまで(^^)









昨年の七夕、ホテルオークラ神戸に於いて開催されたスペシャルセミナー&ランチショー!

今年は、『元タカラジェンヌのビューティーメソッド vol.2』と題して、11月 9日(日) に開催させていただくはこびとなりました(*^^*)












































御好評をいただいた前回は、夏の食材でお届けいたしましたが、今回は『味覚の秋』ということで、秋の食材をふんだんに使ったお料理でお届けいたします。

ホテルオークラ神戸 和食堂「山里」の加藤料理長には、前回もたいへん御世話になりましたが、またまた私の推奨する食材をお使いいただき、身体に優しい特別メニューをご紹介してまいります。

歌やダンスも織り交ぜながらの愉しいセミナーとなっております♬

来るべき寒い冬に備えた身体づくり……お食事からアプローチしてまいりましょう!



秋色深まる鮮やかな季節。

お昼のひととき、皆様と御一緒できますことを心よりお待ちしております(*^^*)


どうぞ宜しくお願い申し上げます✨





尚、発売開始は9/3(水)  10:00〜となっております。

ご予約•お問い合わせはこちら
宴会予約係
TEL. 078-333-3801












栄養のバランス

身体のバランス

心のバランス


…色々ありますが、バランスほど大切なものはないと感じています。

そこを欠いて偏りをつくると、的確な判断もできず、物事に対応する力が鈍くなります。

その結果、『心焉(ここ)に在らず』という歪みが生じ、大切なバランスを感じとることもできず、

何が大切なのかも分からなくなります。



世の中には、あの手この手で私たちの欲望を満たそうと、物も情報も溢れています。

あってはならないこともあり得る…

例えば、先般の期限切れ鶏肉の問題は誰もが言語道断だと思うはずですが、

私としては、そのようなものは、購入する段階で身体に入るリスクも一緒に購入しているの

だということを覚悟し、認識する必要があると考えています。



様々な食品を選択する力が問われる時代です。

本来の味わいとは何を指すのか…

ポイッと、口に入れた途端美味しく感じるものは本当のうま味ではなく、人工的な旨味。

それを美味しさと捉えて無防備に摂り入れるのは、五感を鈍くさせるようなもの。

一体これは、どこでどのように何のために作られているのだろうと、常に問題意識を持つと、

安易に口に入れられない代物でも、巧みに誘惑してくるものなのだと判ります。



迷惑をかけるのは身体。自分の肉体。

そして、自分の心が決める事とはいえ、それが後々の精神にも影響するのです。


これは、食べ物に限ったことではありません。

何事も誘惑に負けず、心身はできるだけ正しく養いたいと思います。




『大学』の伝七章に、

「心焉に在らざれば、視れども見えず、聴こえども聞こえず、食らえどもその味を知らず」

という言葉があります。


偏りをなくし、心身は常にバランスよく調えて物事の判別をしっかりせねば…

と、思う今日この頃です





>> Twitterはこちら



↑このページのトップヘ