カテゴリ: ビューティーストレッチ

レッスンでは、常に呼吸法を意識的に行っています。

『吐く時は、お腹を凹ませて』しっかりと横隔膜を動かしていただきます。

横隔膜は、自分の意思で動かせる随意筋ですから、しっかり動くようになれば、

いつでも出来ます。



丹田を意識しながらの腹式呼吸は、単なる健康法でなく、

人生の岐路に立って大きな決断を迫られた時

さぁ!これから始めるぞ〜!  という時

兜の緒を締める時

辛くて苦しい時

アクシデントなどの緊急時

今まさに正念場!という時など、いつでもやっています。



昔は、ストレスに押し潰されそうになり、過呼吸になったり、めまいが起きたり、胸腺の辺りがキュッと痛くなったり…

か弱い部分が多々ありましたが、その時の自分に教えてあげたいほどです。



先ずは不要なものを身体から出すように吐ききります。

吸う時は、清い気を取り入れるべく、横隔膜を下げながらどんどんお腹を膨らませ、少し支えてから細く長くゆっくり吐いていく…

すると、自律神経が調い副交感神経が優位になって心身がリラックスします。免疫力も高まります。

逆式の腹式呼吸もありますが、この順式がやりやすいかと思います。




呼吸は吐納ともいいます。

古い息を吐いて新しい息を身体に納める…という深い言葉。


この時に必要なことは、しっかりとヒップを締める!

うーん。。。

ヒップを締める ぐらいじゃだめですね。

私が宝塚の現役生ならば『すみれコード』というものに引っ掛かる言葉は控えますが、退団して24年。

イメージしやすいようにハッキリ申し上げましょう。

『肛門』を締めるのです!

すると必然的に丹田がしゃんとします。

腰が立ちます。



私のお腹がたるまない理由はこれかなと思います。

どなたがされても効果は出ます。

やるかやらないかは、ご自分の意思次第。

肛門を締めると、ストレスに対応出来る術が身につきます。 

腹が据わる。

肝が据わる。

胆力が養われる。

その上、贅肉がつきにくくなるなんて最強ではありませんか。

分かっていてもやらない方は、非常にもったいない過ごし方をされています。


エネルギーのフィルターのような丹田と肛門はペア。

『御用のない時は締めていてください』

『ヒップをカンカンに締めて!』

これは何度も講座中にお伝えし続けていることですが、

レッスンの時だけしか意識できないというのは、とても残念です。

日常生活に生かして頂いてなんぼ   だと思いますよ(*^^*)


この腹式呼吸の感覚で、四六時中お腹に緊張感をもたせるのです。

だけど、上半身の肩や胸はリラックス♬

『上虚下実』でどうぞ。


単に無駄な肉を無くしたい方、関節への負担を軽減したい方、胆力を養いたい方に絶対的な要諦です。









日々レクチャーさせていただいている『ビューティーストレッチ』の『ビューティー』も、

『心と身体を動かす美的食ライフ』の『美』も、私の本名『美佳』の『美』も、

美しい   ということはどういうことなのか、いつも考えます。


以前、『美』には、調うという意味もあると何かで読みました。

男性であれ女性であれ、目先の表向きの美しさや健康を求めるのでなく、

自身の内側に意識を向けて、どこを調えるべきなのか…改めるべき点は何か…と

先ずは考えて冷静に自己分析することが大切です。

そうして、常に内省することが次第に行いに表れ、その人を構築していくのだと感じます。



目が大きいから美しいのではなく、瞳の奥に輝きと力強さという心の奥底が見えるから美しい…

立ち姿、表情、歩き方や話し方、そして息づかいにまで全ては表れる…

毒々しい感情を抱き、毒々しい言葉を発すると、必ず表面にあらわれますが、

一方、心穏やかに平らな心、正しい前向きな心で過ごすと、内側から光が漏れ出すように

何かが醸し出され、その人の姿すべてを美しく彩る…

平生が出る  とはよくいいますが、日々何を思いながら生きるのか…

何に感謝の念を抱くのか…




今迄、多くの方との出逢いの場をいただいていますが、美しい!と感じる方は、皆さん御心持ちが素晴らしいのです。




四書五経の『易経』の中に

「美その中(うち)にあって、四肢に暢(の)び、事業に発す。美の至りなり。」

という言葉を見つけた時は、何と含蓄のある卦なのだろうと深く感じ入りました。

美徳を積み重ねることは容易いことではありませんが、日々の暮らしの隙間にきちんとした意識をもちながら、

清く正しく美しく歳を重ねていくことを目標に過ごしてまいります(*^^*)











毎日レクチャーさせていただいている『ビューティーストレッチ』は、

今年で8年目になります。


ご受講くださる生徒さんは、中学1年生から70代の方·····と、

幅広い年齢層の方々にお越し頂いています。

呼吸法を用いた緩やかで無理のない動きは、ぶれない身体作りに適しています。



ストレッチの目的は、柔軟性を高めることだと受け取られがちですが、

それはあくまでも副産物に過ぎません。

最大の目的は、筋肉を伸ばして血行を促し、身体じゅうの巡りを良くすること。

その円滑な巡りが、心にも及ぶように…との思いから、食生活をメインとした話を

織りまぜています。




『ビューティー』という言葉は、表面的なものではなく

内面からかもし出される美徳、すなわち心の様相が美しさを放っている…

というものであってほしいと考えています。

身体に感謝し、いたわりながら丁寧に養おうと真摯に調える気持ち…

自分の身体に対して畏れの心を持つことが、自然に内側からかもし出され、

『ビューティー』につながります。



近い将来なりたい自分…を具体的にイメージしながら、今の状態と向き合う時間。

お口から摂り入れるものが如何に大切かを知っていただく時間。

心からリフレッシュしていただく時間。


それが『ビューティーストレッチ』のクラスです。



心をこめてお届けいたします。

生徒さんとの素敵な御縁に感謝です

↑このページのトップヘ