2015年06月

色にも色々ありまして…

何色をイメージするかによって、心と身体の状態は大きく変わります。


















自分の肌の色から考えて、ピンク色が似合わない私ですが、そのピンク色こそ若返りの色 です。

似合わないけれど、頭でイメージしながら過ごすことはカンタン♬

呼吸する時も、寝る前後も、できる時にやっちゃいましょう(*^^*)



身にまとう色も、身体に大きく影響します。

目で見て、肌で見て…

光や色彩によって、緊張や弛緩を繰り返す身体。

私が、久々の体調不良からすぐに復活した理由に 食事だと思われた方が多いのですが、実は寝る時に白い下着とパジャマにしていました。

身体が必要とする色波長を栄養としてくれるのが白。



今、自分に必要な色。

それをイメージして明日の自分を構築することが可能です。

詳しくは講座で…(*^^*)



元気に過ごせると、心が明るくなります(*^^*)

また逆もしかりで、心が明るいと身体も元気ハツラツ ♬

今夜は、大好きなオレンジ色に 薄っすらピンク色をミックスしたものをイメージして休もうかな…



おやすみなさいませ✨









本日の講座をご受講くださる予定だった生徒の皆様…

誠に申し訳ございませんでしたm(_ _)m💧

お薬の服用なしで、朝には体温も下降しておりましたが、万が一!感染性のコワイものですと、ご迷惑をお掛けすると判断し、大事をとらせていただいた次第ですm(_ _)m💧

体調不良の休講は、この9年間のうち一度もなかったことなので、生徒さんから多大な御心配と励ましのお言葉を賜りました。

ご迷惑をおかけいたしましたのに…

心より感謝申し上げますm(_ _)m💕




念のため医師の診断も受けましたが、大した問題もなく…でも、処方箋をいただきました。

クスリ…

何年ぶりだろう…

できるだけ飲みたくない(。-_-。) …

肝臓に余計な負担をかけたくない…

でも、即刻治さないと週末から上京…

ここは意を決するというか、腹を据えて服用しないわけにはいきません。



咽頭部がうっすら赤いだけなのに、抗生物質に胃薬、消炎 解熱鎮痛剤、痰を出しやすくする薬。

痛みもないし、痰も出ないのになぁ(^^;;

効能のある反面、副作用のリスクを伴うのがお薬。



こういう時には、やはり「棗(なつめ)」のお世話になります (*^^*)

薬の副作用や毒性を和らげ 、薬効を調和させて効果を高めてくれます ♪


















体調を崩した時には、人参をすりおろしたものを入れたお粥を摂るようにと、子どもたちがお世話になった小児科の先生の言葉を思い出しました。



胚芽米のお粥。

人参に含まれるβ−カロテンは、体内でビタミンAに変わり、弱った喉の粘膜や、薬で荒らされる胃粘膜の保護にも関わり、免疫機能も支えてくれます。

消化の良いタンパク源には、 釜揚げシラス。

青海苔少々。

空咳にも効く 松の実で、身体の経路や臓腑の間に停滞している風邪(ふうじゃ)を発散!

そして、切り込みを入れた棗(なつめ)と一緒に炊きます。

デザートに

















身体の熱を癒し、抗生物質によって殺される善玉菌のために腸内環境を整える ヨーグルト。

発熱による筋肉のこわばりをとり、消化吸収を高める さくらんぼ少々。(温性なので食べ過ぎると虚熱…冷ます力が不足する発熱の心配があるため)

ここにはトロ〜ンと なつめエキスをかけました。

私は、直接 福井県のシーロードさんに電話注文していますが、こちらからも購入できます。



ま、こんなふうに薬膳の如くいただいてからクスリを服用したわけなのですが、何よりも一番の良薬は「睡眠」✨

薬と私の自然治癒力を駆使し、思いがけず戴いた時間を大切に、養生する一日にいたします。









元気に一日を終える…

はずでした。

朝から、元気をつけるこんなものもいただいたのに。。。


























赤ピーマンと青ピーマンと明石の小だこをカレー粉を使ってソテー。

タウリンいっぱい ♬

元気良く出かけたんですが。。。



不慣れなスカートのスリット…無意識にガードレールをまたいだ結果少しほつれていたものが本日 更に拡がったり。。。

ホテルオークラのドアマンさんに荷物をお願いする時に、車のトランクドアの角でタンコブを作って目の前にチラチラと星が飛んだり。。。

そのうえ、先ほどから100年ぶりに体温が上昇。

まさに『鬼の霍乱』 。。。




そんな具合ですので、大変ご迷惑をおかけいたしますが、明日は講座全てお休みとさせていただきますm(_ _)m

何卒よろしくお願いいたしますm(_ _)m







久しぶりに 先生のお宅へ… ♪

今日は、中学1年生の頃からお世話になっている歌の先生に、レッスンしていただきました。

一切の無駄がなく、端的なアドバイスをくださるので、歌のレッスン以外に心までクリーンにしていただいたような気持ちです。

歌うことで氣も巡り、清々しい気持ちで帰路につきました。



心がクリーニングされると、元気になってアイディアも浮かびやすくなるのでしょうか…

昨日作った「きんぴらごぼう」。

考え事をしていて、いつもの味より少し濃いめになっていました(^^;;

身体にやさしい ごぼうでも、濃いめを毎日いただくのも気が引けます。

そこで、思い切ってアレンジすることにしました❗️


























予め、牛もも肉薄切りは80度ぐらいのお湯で しゃぶしゃぶし、余分なアクと油を除いておきます。

舞茸と黒きくらげを先に薄味で煮込み、その牛肉を入れます。

そこに、たくさんあった「きんぴらごぼう」を加えて少し煮込めば出来上がり。

糸こんにゃくやジャガイモこそ入れていませんが、オクラも少し彩りにして立派な主菜になりました(*^^*)

一人暮らしの子どもたちに… たとえ出来合いのお惣菜のきんぴらごぼうを買って味が濃くっても、こうしてアレンジ出来るよって伝えようと思います。

あ、

きんぴらごぼうの原型はこちら。

















ゴマを大量に振り入れて、五臓を潤します。

潤す…といえば、こちら「松の実」もいただいています。

喉も痛くないのに、めずらしく空咳が出ますので、肺を潤して滋養強壮に(^o^)












きっと、明日は治ってるはず♪

クリーニングできた心でまた一週間過ごします( ´ ▽ ` )

今日「父の日」も、いつも同じく 父の仏前に「見守って頂いてありがとう」と、感謝の気持ちを伝えてから近況報告と相談。

あちらで忙しいかな…

きっと聞いてくれているよね…

どんな形でも良いから、メッセージをいただけるとありがたいなぁって想います。

例えば 、知人からもらうアドバイス…きっと、父も同じことを言うだろうな…とか

テレビから流れる言葉…これこそが、父からのメッセージか! と思えたり…

父の書斎にある本を開いた瞬間、目に入るマーカー線…タイムリーな本!

私が作る食べ物も、元気になるための父の導きかもしれない…とか♡


今朝は父の大好きな枝豆を使って…♬




















アボカドディップに枝豆を加えてパンに塗ってから、家で採れたプチトマトとチーズを。

「氣を補うアボカドと枝豆に力をもらいなさい」と、父が私を慮ってくれている…のかな…

こんな時季にぴったりの食材は、まさに天の恵みです。

特に枝豆は、お豆として野菜としての 良いところを全て兼ね備えています。

また、一般的に果実類に分類されるアボカドですが、こちらは多脂性食品なので油脂類の一つとして捉えた方が良いでしょう。

ビタミンEが豊富なので更年期対策にも良いですし、肝機能の改善や疲労回復にも一役買ってくれます。

感謝♡



そして、今日は父のアトリエに入りました。

そこには、父のやりたかったことや伝えたかったことが、未だ温かく残っています。

大好きな場所。



時折 母がお掃除していますが、ある時「ここ動かして触った?」と聞かれました。

驚きました!

私も母も身に覚えがないけれど、父が描いた母の肖像画が一番上に置いてあるのです!


















いささかゾクっとこないでもありませんが(笑)本当に不思議なことが起こります。

ストレートに「愛しているよ」の言葉で家族を包み込んでくれていた父の想いでしょうか…



両親からいただいたこの身体。

父に似ている顔、脚、それに性格…

今も私の中で生きています。

大切にするね、感謝します✨







↑このページのトップヘ