毎日のように、阪急電車にお世話になります ♪




小学生の頃から慣れ親しんでいるものの、最近の乗り心地は、日によって様々…




車両の種類にもよるのでしょうけれど、時に乱暴に感じて怖くなることもありました。




ところが 今日は、大切な人の命を預かっている…という運転手の想いまで伝わるような、素晴らしい乗車体験!




神経を尖らせていたわけではありません。




ただ、朝の通勤ラッシュ時にしては乗り心地が良かったので、これは何だろう…と身体意識が走行感覚に集中したわけです♪




宝塚駅から西宮北口駅までを15分弱で走行する「今津線」…

(映画「阪急電車」の舞台にもなりました。)




この間、各駅に停車する際のガッタン! はもちろん のこと、一度も カクンとした衝撃なし!




感動でした!




いったい何人の乗客が、これを感じとっていたことでしょう!








最前列の車両で、目前が運転席 ♪




華麗なまでの手さばきに見惚れておりました。




仕事に対する潔いプライドすら感じとれます。




今どきの電車は、ブレーキも自動制御かしらと思っていたら、手動の微妙なタイミングで空気圧をコントロールされている様子…











 


決して大袈裟な話ではなく、まったく衝撃を感じないブレーキングなんて 、初めての経験でした!




後ろ姿の姿勢も整った運転手さん。




お顔を覗きこむと、運転スタイル同様に シュッとされた方(関西風に素敵な人を表現すると こうなる。笑) でした(*^^*)




乗客を思い遣る運転ができるベテラン運転手さんに感動!




「心丈夫」とは、こういうことを言うのだと実感した次第です。




物事を安心して任せられる人物…




共にいると、心安らげる人物…




心技体の調った人物…




きっと、お仕事に表れるのでしょうね。




私もガンバロウ ♪