ジャスト!きっかり!ちょうど!の時間になった瞬間、息子に誕生日のお祝いメッセージを送りました 。




その時の記憶が、鮮明によみがえります(^ ^)




夜中だったので、眠かった…あの時 …




すると、すぐさま電話がありました。




「ありがとうございます!」




夜中で大声を出せないからでしょうか、少しささやくようなやさしい声です。




そして…




「お腹を痛めてまで僕を産んでくれて、本当にありがとうございます!!」




⁉︎  …   一瞬考えました。




そうか!痛かったんだ、陣痛…




痛みだけは、忘却の彼方です^^;




喉元過ぎれば熱さを忘れるのでしょうか。




不思議です。




けれど、なぜ そんな言葉が出てきたのか聞いてみたところ、「陣痛というのは、女性しか経験できない苦しいもの。それを乗り越えてまで産んでくれたことに、ただただ感謝だよ…」と申します。




乗り越えるしか…耐えるしかなかったのですが、男性として そんなふうにとらえてくれているんだなぁと、ちょっぴり感動した私です(^ ^)






二日前に、「私をこの世に送り出してくれて、本当にありがとうございました。」と 母に御礼を云ったばかり。 




けれど、お腹を痛めてまで…とか、その小さな体で…という そこまでを感謝する意識が、完全に抜けておりました。




今日は、息子に感謝の言葉しかありません。




健やかな心身のもと、なすべきことを為し、思うべきことを思い、日々成長してくれることを心から願っています。







夜中に、そんなやりとりがあってから寝たものですから、朝は穏やかな目覚め。




朝食後は、ゆったり過ごせる休日 ♬




至福の時間 ♬




はたとひらめいたので、お昼のためにチョイと用意してみました。



























「うどん」じゃない、グルテンフリーのつるつるです(*^^*)




思いつきで、朝食のために買っている豆乳を寒天で固め、ところてん突きでウニョ〜っと! 程よい太さになりました ♬















いにしえの「ところてん突き」♡




粉寒天1袋をお水で溶いて火にかけ、混ざったところにトータル500cc(この粉寒天の分量に合わせて)になるよう豆乳を入れます。




ガラスの耐熱容器に入れて、冷めたら冷蔵庫へ。




冷えて固まったら、ところてん突きのお世話になります。




素麺つゆに、黒酢、濃口醤油少々、新生姜をすりおろしたもの…好みの味でぶっかけ ♬




家庭菜園の青紫蘇・赤紫蘇・トマト。  オクラも一緒です。




のどごし良いけれど、グルテンフリー(*^^*)




海藻と豆乳の効能で、体の余分な熱を除きます。




新生姜を沢山すりおろしたので、脾胃を温め、お腹にも穏やかです。




こりゃぁ美味しいや〜っと、悦に入っていただきました。




一緒に暮らしていたら、息子にも作ってあげたかったな…




ヘルシー志向の彼なら大喜び! きっと、感動してくれたことでしょう ♬




海藻類を制限する必要がない方には、かなりのオススメです❣️