いつもより1本まえの電車に乗れた喜び!



これで「茹でたけのこ」に寂しい思いをさせずにすみます。笑



今夜、食べなくっちゃ ♪という存在に思いを馳せ、教室でお着替え中の生徒さんよりも お先に失礼して、帰路を急ぎました。






遅い夕食とはいえ、ずいぶん動いた一日なので大丈夫!と、空腹の自分には甘い私。



速攻の態勢ですが、気分を落ち着かせるためにモーツァルトを聴きながら こしらえることにしました。













ディヴェルティメント第17番 ニ長調 K.334 第3楽章 ♫



こちら、言わずと知れたメヌエットの名曲ですが、お料理する時はもちろん、食事の時によく噛むために程好いテンポ。心穏やかにいただけます。笑



そして、作ったのはこちら…


























「春野菜の親子丼」です。



ごぼうはアク抜きしないので、玉子の色が良くないですが^^;



ご飯は、いつもの小豆と古代米と雑穀入りの胚芽米。



丼の具材は、茹でたけのこ・新玉ねぎ・新ごぼう・白ねぎ・人参・黒きくらげ、そして 鶏肉(酒と薄口醤油で、下味をつけています)。スナップえんどうも。



いろいろ合わせます ♪



汁もご飯に絡む丼は、野菜から溶け出た成分も余すところなくいただけます。



身体の余分な熱を冷ましたり、消化を促す働きがある 旬の筍 (たけのこ)ですが、茹でた時に付く白い粒々「チロシン」は、脳のはたらきを助けるありがたいアミノ酸の成分ですから、取り除きすぎるともったいないですよ(^ ^)



筍にも他の野菜たちにも、春のエネルギーがギュッと凝縮されているよう♡



丼のご飯に加えている小豆や古代米などはもちろん、食物繊維の豊富な野菜ばかりなので、お通じが滞りがちの方には かなりのオススメ丼です!




遅い時間にガッツリいきましたが、メヌエットの優雅な調べに合わせていただく丼は、お店でいただく普通の親子丼よりもエレガントです(﹡ˆ︶ˆ﹡)