心に望む通りでないこと…思いがけないこと…



「心の外(ほか)」なる出来事が、たまにあります。



言葉のキャッチボールで、何気なく発した緩やかな真っ直ぐの球に対して、スライダーのような球を返されたり。笑



私の場合は、そういうことで心を傷めると自分が可哀想なので、できるだけ心の外に追いやって内に留めないよう努めています。





でも…



あさりの場合はどうでしょうか?



はい♪



昨日ボンゴレロッソでいただいた「あさり」です♬






砂抜きをする時は、3%程度の塩水を用意して、あさりを入れます。



あさりの顔が塩水から少し出るか出ないか程度に。



容器はこちら…網付きのバットに並べると、吐いた砂を再び吸うこともありません。











100円ショップ出身の日本製です(≧∇≦)



上からアルミホイルをかぶせて暗くしておきますと、あさり達は安心するのでしょうか、落ち着いて少しずつ砂を吐きます ♪



たまに パッとアルミホイルをめくると、出していた入水管と出水管を慌てて引っ込めますので、ストレスかけたら可哀想かなーって思ったりもします。






昨日、母から「あさりの砂抜きの裏ワザ知ってる〜?50度のお湯に浸けるとスグ!抜けるんですって〜。今度からやってごらん、ラクよ〜。」と、教えてもらいました。



なるほど…ヒートショックを受けた あさり達が、身を守るために? うま味も増すと?…すごい…



一応聞くだけ聞いてから、ふと考えました。



海水に浸かっている感覚でいたところに、いきなり50度か…



私のお風呂の湯温よりも ずっと熱いし…



50度のお風呂、こわいな… 



ものによっては、野菜をお湯で洗うこともあるけれど、(水に重曹を入れて洗うことの方が多いです。)それでも、47度でアッチッチ〜ですもの。



「熱いなー!何するんよー!」って、あさりの叫び声が聞こえてきそうですもん。



あさりにとっては「心の外」。



望んだ道ではないはず…そのように感じるのは 私だけかしら^^;^^;^^;



生きとし生けるものから命をいただく食生活ではありますが、既成概念も強いうえに、イメージするだけでかわいそう。



よって、これからも私はオーソドックスな砂抜き方法を貫きます。笑





ちなみに…



砂抜きした あさりは冷凍保存できますが、使う時は解凍せずに加熱すると、パカッと殻が開きやすいです ♪



…って、これも可哀想か (⌒-⌒; )



ごめんね。ありがとう。いただきますね。  …  旬のあさりに感謝です!