妊婦さんとなられた生徒さんが、安定期に入られて久しぶりにお越しくださいました ♬


つわりの辛い症状も落ち着かれたご様子に、ホッとひと安心です!


お仕事もされながらの健康管理は大変ですが、妊娠中ほど大切な時期はないのですよとお伝えしました。


この時期に食べるものは、そのまま胎児が育つ栄養でもあるからです。


アドバイスしたいことは山のようにありますが、如何せん時間が足りません。





妊娠中毒症の予防に必要なビタミンB6 や マグネシウムのことも...


抗酸化物質を多めに摂って頂きたいことも...


腸内環境を整えて、有害物質が身体に影響しないようにすることも...


オメガ3の良質な脂肪酸を多く摂って、トランス脂肪酸を摂り入れないよう注意することも...


妊婦さんに必要不可欠な貧血予防に必要な葉酸や、出産時の出血のために凝血因子を作るビタミンKのことも...


まだまだ...たくさん...





だけど、よく考えると妊娠中でなくとも、人は皆 日々新たな細胞を作るための食事を摂っているわけでして、「自分が食べているものは、これから先の自分を育んでいるもの」なのですから、上に並べ立てたことは妊婦さんに限ったことではないのです。


私も経験がありますが、お腹に命を宿している時は、話しかけたり優しく撫でたりしたくなります。


同様に、お腹に赤ちゃんがいなくても 男性でも女性でも、「いつもありがとう」...  痛いところがあれば「ここは大丈夫かな?無理な使い方してごめんね。大変だけどよろしくね」... 例えばですが、これぐらいの心の声はかけてあげてほしいと思います(*^^*)





今夜は、「いつも食べることばかり考えているわ♡」という生徒さんもいらっしゃいました。


体脂肪は気になるけれど、それでも食べたい ♬と。


栄養をつけたい妊婦さんと、体脂肪を燃焼させたい人...


それでは...と、それぞれに必要不可欠な共通の栄養素を 敢えて3つ出してみることにいたしました。


それは、マグネシウムとマンガンとパントテン酸。


実は、こんな簡単なものにバランスよく含まれています。



















ひきわり納豆 ♬

葉酸もビタミンKも、しっかり入っています!


普通の糸引き納豆よりも消化がよくて、ストレスに対抗するにも、体脂肪の燃焼にも、骨の代謝にも、糖質や脂質やたんぱく質を代謝する時の酵素を反応させるために必要なものも、ちゃんと含まれています。



私は今夜も帰宅後に、キムチとネギとフラックスシードと黒胡麻を混ぜていただきました(*^^*)



こちらの記事もご参考までにどうぞ(*^^*)