申し訳ない気持ちでいっぱい…

ごめんね…

ホタルイカ…


可哀想なことをしているのはホタルイカだけではないのに、毎年「ごめんね。」と言いながら目玉を取ります。

真ん中の軟骨は、取ったり取らなかったり。

でも、硬い目玉は歯触りが悪くなるので、できるだけ優しく取り除きます。

「この目で見ていたんだよなぁ…」

日々命あるものを身体に摂り入れて恩恵を受けているのですから、畏れの念を抱くわけなんですが、とりわけホタルイカには敬意を払っている私。


今夜も  「ごめんね。」 です。


ごめんねって言いながら、「やっぱり美味しいなぁ…」と春の味覚を堪能しました(*^^*)

菜の花は、ごく少量の油で10秒程サッと炒め、βーカロテンなど脂溶性ビタミンの吸収を促します。

釜揚げのホタルイカは、もう一度さっとボイルして水分をきりました。

冷蔵庫の白味噌で酢味噌を作りかけていましたが、きれいな菜の花があったので、共に辛子醤油で和える…と、急きょ変更 です。






























小さなホタルイカにも、イカ本来の栄養素がぎゅっと詰まっています(^ ^)

タウリンが豊富で肝の働きを助ける…だけでなく、血を養い潤いを補います。

婦人病に有効なので、月経不順や月経痛の改善にも…といわれています。




これから旬を迎えるものを積極的に摂り入れながらも、常に「感謝していただく」ことを深く感じたいと思います(*^^*)