大阪のおばちゃん、あ、イヤ おばさまが、飴のことを「アメちゃん」と親しみをもって呼ぶように、今宵私は、セロリのことを「セロリさん」と、敬意を払ってご紹介します(^ ^)

実はセロリさん…とても生育期間が長いうえに害虫に弱いらしく、残留農薬の多い野菜と噂されています。

斯くいう私も、そういった概念はあるので、普通に売っているセロリさんは買いません。

でも、行きつけの自然食品のお店には、有機栽培で緑が濃〜くて、スジがしっかり通ったものが入荷されています。

めったにないのですが、昨日のブログでお伝えした烏骨鶏の卵のように「出逢った時がタイミング」とばかりに購入することにしました。

筋をきれいにピーラーなどでお取りになる方も多いと思いますが、私は斜めに切っていただきます。

食物繊維ですものね。

葉の部分に多いと言われる問題の残留農薬の心配ですが、いつも流水でよく洗い、50度では手が熱いので48度でザーッと洗います。

この度は、刻んだ葉と上の茎をお酒と薄口醤油で少し味付けし、黒と白の胡麻で和えました。




























茎は、浅漬けとポトフ行きです(^ ^)/

私が宝塚を退団した年、1990年にアメリカで発足した「デザイナーフーズ・プロジェクト」のデザイナーフーズ・ピラミッドの上位に位置するセロリさんは、ガン抑制効果の高い食品とされています。

独特の香りも、アピインは食欲増進の効果や鎮静作用、ピラジン(ピーマンにもあります)には血栓予防効果も期待できます。


本日のストレッチクラスでは、微熱と頭痛が続く生徒さんがいらしたので、気を下ろして巡らせる食材をご紹介しましたが、このセロリさんにも、気を下ろして熱を冷ます効能があります。

ですから頭痛やのぼせ、めまいや目のトラブル、情緒不安定にも効果的。



良さそうな賢いセロリさんに出逢えたら是非どうぞ(^o^)/

濃い緑色。 しっかりとしたスジがポイントです♪