今日も長い一日が終わろうとしています。

ホテルオークラ神戸 クラッセでの講座の後、西宮ガーデンズ夜の講座までの間は、11/9に開催されるセミナー&ランチショーのお食事の内容を和食堂『山里』の加藤料理長と打ち合わせさせていただきました。

前回もそうでしたが、私ごときの要望を「それ!やってみましょう!」と聞き入れてくださる加藤料理長の深い深い懐!

感謝感激です!

次第に形作られていくことに、喜びを感じつつも、責任感と使命感をさらに強く固めた一日でした。

お越しくださる皆様(*^^*)   どうぞ御料理を楽しみにしていてくださいね♡

身体を思い遣る温かいメニューが出来上がることをお約束いたします。


紙面にも大きく掲載していただき、心から感謝です。





















お申し込みは受付中です(*^^*)  どうぞ宜しくお願いいたしますm(_ _)m




今日は、そのホテルオークラ神戸での講座後のお話です。

先週は、秋分の日で休講でしたから久々のレッスン ♪

久しぶりに皆様お揃いです ♪

レッスン後のランチに向かうロビー階までの道中、16日のブログのお話になりました。

別名「和尚」と呼ばれる方を「明鏡止水」…と表現させていただいたことを受けられて、

「私なら、どんな四字熟語でしょう?」と、いつも笑顔いっぱい、ウイットに富んだお話をしてくださるチャーミングな方が私にお聞きになりました。

瞬時に思いついた良い四字熟語がありましたのでお答えしました。

「明眸皓歯(めいぼうこうし)…です ♪」


これは、楊貴妃を偲んで唐の詩人 杜甫(とほ)が作った詠から広く知られるようになった語で、澄んだ瞳と白く美しい歯並びの意から、美人の形容となったとか…

瞳には、その方の御心が映し出されます。

どんな時も笑顔とユーモア溢れるその方の言葉の中には、優しさと温かさが醸し出されていて、私も何度も救っていただきました。

私も、そのような女性目指して奮闘中。























そして、こちらは楊貴妃も好んで食したといわれる白きくらげを入れたデザート ♪

昨日の卵焼きにも入れたその白きくらげを、今朝は蜂蜜漬けのレモンと一緒にいただきました(*^^*)




瞳も口元も、そして、心の美しさも一日にして成らず…

笑顔あふれる毎日を過ごせたら幸せです(*^^*)