生でいただくと美味しい卵を戴きました。

けれど、冷蔵庫には三つの卵が残っています。



子ども達が上京してからというもの、お弁当を作ることがなくて卵焼きなるものをめっきり作らなくなりました。


ご飯の美味しい時季です! 新米と一緒にいただきたくなりましたので、その三つは卵焼きの道へ。。。♪



こうして考えると、卵一つとっても自分の運命は最後まで分からないのかぁ…人間の選択次第なんだゎ…選択できる環境に生かされているって有り難いことなのね〜
最期はどうなるのか、誰にも分からない〜  と、しみじみ。。。



それはさておき…

卵には、青海苔とニラと白きくらげを入れて、濃すぎないように味付けし、久々の卵焼きです(*^^*)
























卵に含まれる亜鉛は、免疫力を落とさないためにも、細胞を作るにも、ホルモンを合成したり分泌させるためにも、味覚障害や皮膚炎を予防するためにも必要。

亜鉛の吸収を高めるビタミンCの多いニラや青海苔を加えて、ちょっぴり彩りのビタミンCを添えています(*^^*)

ビタミンCを一緒に摂ると、亜鉛の吸収が高まります ♪


白きくらげは、小さく切って入れますと、卵とのコントラストがついてコリコリした食感が楽しめます ♪

見た目や香り、美味しさも大切ですが、 食感も食べ物の表情の一つ。

何にでも利用できるコリコリ食材、白きくらげ


簡単な卵焼きが、薬効あらたかな食材によって意義深いものになります。

是非どうぞ(*^^*)