お腹がペコペコで、仕事の合間に帰宅はするけれど出掛けるまで時間がないっ。

でも、あるもので何とかするぞ~♪


という時に助けられたレトルトソースのお話です。

兵庫県産のバジルがベースとなったパスタソースは、子どもに送ろうとして結局私がいただきました(^^;

有り合わせの野菜パプリカとマッシュルーム、魚のソーセージ『シーセージ』を炒め、

バジルソースと合わせ、先日の全粒粉パスタをからめます。

上にはパセリをパラリ。

image























生のバジルがあれば言うことなし♪ですが、仕方がありません。

バジルの香りにはリラックス効果があり、集中力も高めます。

暑さで弱った胃腸の働きを活発にして食欲を高めます。

レトルトには、そんな効果は期待しません。

加工品は、作られる工程で栄養素が失われることを知っておく方が賢明なのです。

image























オリーブオイル・兵庫県産バジル・ナチュラルチーズ・ガーリック・鶏がらスープ等を

使ったソースで、摩訶不思議なものは含まれていません。


シーセージは、こちら♪

image























加工品は中身を熟慮して用心し、期待せず美味しく楽しくいただく♪

不足分は他で補う。

。。。それにしても、パスタが焼きそばにしか見えない写真です(笑)






>> Twitterはこちら