小暑も過ぎて、これから いよいよ夏本番に向かいます。




本日は、神戸での座学講座 ♬




クールのラストなので、次回は如何なさいますか?とお訊きしなければなりません。




実は、どのクラスも次クールのご継続をお尋ねするのは苦手でして^^; 緊張して身が引き締まる思いでいっぱいです。




お越し下さる方々のニーズにそぐわなければ、いつクローズしても不思議ではありませんもの。




それなのに、お支えくださるリピーターの方々多数…




「先生が、伝えるものがなくなるまで ずっと続けてください。」




思いが凝縮されたお言葉に 感謝感激!




身体を動かすクラスでは時間が限られているので、こちらでは90分間みっちりと、深部にいたるまでを全気全念でお伝えいたします(*^^*)

(先日より、こちらのブログに広告が入るようになったので、私が故意に入れているものかとご質問いただきましたが、まったく不本意なものです。引越し先準備中ゆえ、暫しの間ご容赦くださいませ。)






暑さで奪われる「氣」「津液」… 




放っておかずに、日頃の暑気あたり対策が大切です。




脾胃の働きを高めながら、「氣」を補うものを使ってデザートを作りました♡






















かぼちゃ寒天です(*^^*)




寒天は海藻類なので、身体にこもった熱を冷まします。




夏が旬の かぼちゃは、お腹を温めて氣を補うという優れもの ♪ そのうえ、疲労回復にも効果的 ♪




中庸を保つためにも良い組み合わせです。




蒸したかぼちゃをつぶして、少し甘味を加えます。



















今回は、こちらの ココナッツシュガーを使用 。  血糖値上昇も緩やかだといわれています。




お湯で溶いた粉寒天とよく混ぜ合わせたら、容器に移して冷蔵庫へ。




甘味を加えなければ、サラダの彩りにも使えます。




また、かぼちゃをつぶす時に豆乳を加えると濃厚さが増します。




暑さで食欲が落ちた時など、口当たりの良いデザートは涼感たっぷりで大満足♬




自宅のミント🌱で熱を冷まし、未だ頑張って実をつけてくれている いちご🍓も一緒で、より元気をもらいました(*^^*)






こんな投稿ばかりなので、市販のデザートを食べない人だ と思われがちですが、そんなことはありません。




こちらも美味しくいただきます♡














奈良にある《ガトー・ド・ボワ》の"ヴェリーヌグラッセ"




世界一のパテシエが織りなすお菓子は、上品な甘味 ♬




期間限定で、オンラインショップのみの扱いです(*^^*)





これからの暑さに備えて食養生に努めつつ、時には華やかなスイーツも嬉しいですね(^o^)/



飲茶の名前ではありません。笑




タイトルの「耆老」… 「きろう」と読みます。




「耆」は60歳、「老」は70歳…と、6、70歳の方…人から尊敬される老人、徳の高い老人のこと…




その年代の方々と関わる機会が多くなった今、この「耆(ろう)に学ぶ」という題字に吸い寄せられました。




そして、五木寛之先生の「玄冬の門」。




30代はじめ、おこがましくも生命観に共感してからというもの、吸い寄せられる機会が多くなりました。




私が、老いることに不安も迷いも生じないのは、この方の影響だといっても過言ではありません。
















私淑する森信三先生の名著「修身教授録」の 解題を読まれてもわかるように、深く関わってこられている寺田清一先生のお名前もあり、迷わず購入いたしました。




歩きスマホは危ないですが、歩き読書したくなるような中身です!




経験を積まれた方の深い思想や 練られた思考に、歳を重ねることの素晴らしさを感じます。




現在の自分に安住しない人たちからのメッセージを しかと受けとめようと…(*^^*)






あ、イエ、本当は…




昔々の宝塚時代、共に新人賞をいただいてからの親交がある素敵な女性から お薦めいただいた本を探しにまいりました ♬




梅田の紀伊國屋書店に行ったものの在庫がゼロ!




結局アマゾンでポチっと  ♪ 明日、手元に届きます ♬ 




なんて便利な時代なのでしょう!




明日の座学講座が終わったら、読みたいものがワンサカあります♡




老いてボケていくのは、学ばないからにすぎない…




耆老を目指して、肝に銘じます(*^^*)










優先することは、まず何だろう…




何が根本で、何から始めるべきだろう…




これらを心得ることもなく、華やかな情報ばかりに目が向いてしまいがちな世の中。




身体の動かし方も、食事の摂り方も、今は何でもネットから知りたい情報を取り込めるとはいえ、あたかも実践から得られたもののように発信されることが多いと感じます。




水滴も時間をかければ 石を穿(うが)つように…縄を擦り続ければ木を断ち切るように…時間をかけてコツコツと自分に積み上げていけば、根本を見失うこともないでしょう。




どのクラスにも、近ごろは特にはっきりと根幹の部分をお伝えし、実践していただくことをご提案しています(^ ^)







今夜も帰りが遅くなりました。




就寝までの2時間以内で、スムーズに消化できそうなもの & 身体が満たされるもの…という、お薦めの一品があります。























カロリーが高いといわれるアボカドですが、豊富なビタミン・ミネラルの摂取を根本と考えると、カロリー考慮なんて末節の部分 ♬




絹ごし豆腐に豆乳を少量加え、新生姜を醤油につけ込んだものをみじん切りにし、混ぜ合わせた和風ソースをアボカドにトロンとかけるだけです(*^^*)




アボカドは、気を補うので疲労回復にも適した食材。




そのうえ栄養価が高く、コレステロールが気になる方も、お通じが滞りがちの方にも 大事な食材なのです。




今回、胃腸の働きを高める新生姜の醤油漬けも、こもった熱を冷ます豆腐や豆乳も、合わせることで相乗効果が期待できます(^ ^)




遅くに食べたけれど、息子との電話でこんな時間になったことですし ^^;  もう休んでも良いかな〜と💤





本日は、最後に「大学」の言葉をひとつ…

「物に本末有り、事に終始有り。  先後するところを知れば、則(すなわ)ち道に近し。」



物事には、必ず根本と末節があり、始めと終わりがある。

先ず何をして、何を後にすべきかを心得ていれば、道から外れずに成果も上がる   という意。




根幹を知っていただくために、明日も心をこめてお伝えしてまいります!





↑このページのトップヘ