お買い物に行くと、野菜売り場には「私をどうぞ~♪」と色鮮やかな夏野菜が

ところ狭しと並んでいます。

その中でも、透き通るような色が際立ち、イレギュラーな形で愉しそうな新生姜。

ひねの生姜よりもマイルドな辛さが好きで、時期になると買ってきます。

甘酢漬けも大好きですが、いつも生姜ご飯にするのが楽しみ♪

一般的によく知られている『生姜は身体を温める』という効能以外にも、

たんぱく質分解作用や殺菌作用、抗炎症作用も持ち合わせています。

強い抗酸化作用は、活性酸素による細胞の傷つきも防ぎます。

胃の働きを助け食欲を増進させますので、暑くなってきたこの季節にもぴったり。

また、妊婦さんのつわりによる吐き気にも、生姜は一役買ってくれます!

image























滋養効果の高いほたて貝柱も、胃の働きを高めて消化吸収を促し、

五臓全体を元気にしてくれますので一緒に炊き込みます。

中には細く切ったエリンギも入れています。

下の写真は、缶詰のほたてを使ったバージョン。汁ごと入れます。

うま味がありますので使わない手はありません♪

image























こちらには木の芽の葉をちらして…。

共に味付けは、酒・醤油とオイスターソース少々。お味はお好みでどうぞ(*^^*)



新生姜の食欲増進効果で、より美味しくいただけますよ♪







>>Twitterはこちら





10年ほど前までは、この時期になると心配なことがありました。

暑くなると食欲もなくなり、痩せていく…体力が落ちる…

という悪循環に陥っていました。

当時、家族には心配をかけました。

まるで、『ゲゲゲの鬼太郎』に登場するキャラクター、

『一反木綿』のように薄っぺらい身体でした。

昼食も夕食も、ツルツルッとしたもので良いわ…という具合。

そして、気温が安定する季節になると元気を取り戻していました。

今では考えられない事です。



そんな情けない体力の私が、いつの間にか強靭な心身を構築できているのは、

平生の過ごし方、呼吸法、そして食べ物です。

新鮮な旬の食材は、旬ではない時に比べて栄養も豊富♪

それらは、「今、いただくと身体に良いのですよ☆」という大自然からのメッセージ

なのだと捉えています。

食材の持ち味を台無しにしないように、「どうしたら一番この子(食材)が喜ぶかな…」

と考えると、簡単な料理しか作れない私でも美味しくいただけて大満足!大感謝!

思わず自画自賛してしまうことも…(^^;




食物には絶大なパワーが宿ると実感します。

良い気のみなぎった新鮮な食材に感謝し、心をこめて作ると必ず素晴らしいパワーを

いただけます。

そして、食べてもらう人に、その心が届きます。

機械に委ねられた大量生産のものや、買ってきたお惣菜には、その人を思い遣る心は

入っていませんもの。



そう考えると、買ってきた食材は無駄なく大切に使ってあげなくては…

私の身体を作るものを丁寧に調理しよう…

そんな気持ちになります。




健全な身体づくりの為には、欲にかまけず、様々な食物をバランス良く効率良く

いただく事が肝要♪

拙い料理ではありますが、こちらで少しずつお伝え出来れば本望です





>>Twitterはこちら







雨が降っていても、何か面白くない出来事が起こっても、自分の心を元気にしておきたいですね(*^^*)

心の働きは、脳の働きでもあります。

バランスを調えてくれるセロトニン神経から分泌される脳内伝達物質

『セロトニン』を増やすことが、心を安定させることにつながります。

元となる栄養素は、必須アミノ酸トリプトファン、それからビタミンB6と良質の炭水化物♪

ごまも同様に、トリプトファンを含む種実類は、常に取り入れています。

昨日お伝えした朝食のモロヘイヤのくるみ和えは、そのひとつです。

image























モロヘイヤは、あらゆる栄養素を含む野菜で、ネバネバ成分である糖たんぱくのムチンも豊富!

胃が弱りやすいこの時期にもってこいです(*^^*)

また、脂溶性のβ-カロテン・ビタミンEも含むので、脂質であるクルミやごまを使うのは、

とても理にかなっていると思います。



クルミとごまを擂りこぎで粒が残る程度に擂り、てんさい糖と醤油、

そこに茹でたモロヘイヤを加えました。

心と身体を元気に養いたいですね(*^^*)



>>Twitterはこちら

↑このページのトップヘ